ブレイキングダウン

ブレイキングダウン6の樋口武大って何者?朝倉未来に勝ったって本当か調査してみた

2022年11月本戦の「ブレイキングダウン6」のオーディション。

今回も大暴れしてアピールする参加者が続出する中、朝倉未来と1勝1敗という実績を持ってオーディションに来た樋口武大選手。

彼はいったい何者なのでしょうか?

予告編から気になった方も多いと思います。

そこで今回は樋口武大選手がどんな経歴と実績があるのか調査してみました!

この記事でわかることはこちら↓↓

この記事の要点
  • ブレイキングダウン6の樋口武大って何者?
  • 樋口武大の経歴と実績は?
  • 樋口武大は朝倉未来に勝ったって本当?

さっそくいってみましょう!

 

冨澤大智はなぜ逮捕された?元消防士やwikiプロフィール!(ブレイキングダウン6)ブレイキングダウン6のオーディションがいよいよ開始されましたが、初日から大暴れで話題になっています! その中でまず最初にヒロヤ選手...

 

ブレイキングダウン6の樋口武大って何者?

樋口武大さんはプロのMMAファイターとして、アウトサイダー時代から活躍していた選手で、実力はホンモノです。

ではいったどんな経歴や実績があるのでしょうか?

 

樋口武大の経歴wikiプロフィール

higuti

名前:樋口 武大(ひぐち・たけひろ)

生年月日:1988年6月12日

年齢:34歳

身長:175cm

体重:60~65㎏

階級:フェザー級

実績:THE OUTSIDER 60-65kg 第2代&第4代王者

戦績:MMA形式8勝6敗

所属:骨法烏合会矢野卓見道場

 

樋口武大は第2代&第4代のアウトサイダー王者だった

樋口武大選手はアウトサイダー出身で、高校時代から通っていた骨法烏合会矢野卓見道場という総合格闘術の専門道場出身です。

打撃というより寝技、関節技を得意としていて腕十字などの1本勝ちが多いですね!

アウトサイダーの実績は以下の通り↓↓

アウトサイダー実績:15勝3敗

獲得タイトル:THE OUTSIDER 60-65kg 第2代&第4代王者

打撃をうまくかわし、素早い関節技で強敵を次々に沈め、第2代と第4代でチャンピオンに輝きます。

実はこのアウトサイダーの実績の中の1勝に朝倉未来戦が入っています。

 

ブレイキングダウン6の樋口武大は朝倉未来に勝ったって本当?

アウトサイダー王者として君臨していた樋口武大さん。

では、樋口武大さんは本当に朝倉未来さんに勝利したのでしょうか?

 

2013年12月に朝倉未来と対戦して勝利

2013年12月にアウトサイダーの試合で、樋口武大選手と朝倉未来選手は対戦したことがあります。

その時の動画がこちら↓↓

朝倉未来選手は樋口武大選手に足の関節技を上手く決められ、アンクルホールドで1R1本負けを喫してしまいます。

朝倉未来選手はまだこの時アウトサイダー4戦目だったのですが、すでに注目株として期待されていた選手でした。

開始早々から足をホールドされ、そのまま1本勝ち。

樋口武大選手は見事勝利しました。

 

朝倉未来選手と再戦し敗北

その後、両者が違う階級で王者となり、朝倉未来選手がリベンジとして再度戦うことになります。

1戦目から2年後の2015年、朝倉未来選手が2階級制覇を目指し、樋口武大選手は防衛戦として対戦しました。

その時の動画はこちら↓↓

この試合では朝倉未来選手がチョークスリーパーの1本勝ちでリベンジを果たします。

今度は寝技で朝倉未来選手が樋口武大選手に勝利するという試合でした。

樋口武大選手は「朝倉未来がどんどん強くなるから、初めのうちに勝っといてよかった」という発言もあったそうです(笑)

 

ブレイキングダウン6では勾配ニキと対戦?

ブレイキングダウン6では勾配ニキとにらみを利かしていましたが、対戦はいったい誰とするのでしょうか?

Breaking Down6のオーディションVol.2 18-53 screenshot

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は「ブレイキングダウン6の樋口武大って何者?朝倉未来に勝ったって本当か調査してみた」と題してお伝えしていきました!

オーディションに登場した参加者でも樋口武大選手は本当に強い選手です。

1分間という短いルールですが、さすがに素人では勝つのは難しいでしょう。

今回の記事のおさらいはこちら↓↓

この記事のまとめ
  • ブレイキングダウン6の樋口武大は元アウトサイダー王者
  • 2013年に朝倉未来に勝ったことがある
  • 打撃より関節技を得意とする